FX講座

為替チャートの読み方

FX初心者であれば、為替チャートをどう読むかは難しいと感じるのではないでしょうか。
チャートの形を見たことが無いこともあり、知識が無い人にとっては読み取り方が分からないのではないでしょうか。

 

為替チャートのグラフは、時間を区切って為替の値動きがどう変わるかを表したものです。とても役立つのは、どんなふうに読めば良いか分かれば、わかりやすく為替のレートの推移が図で示されているからです。

 

始値・終値・高値・安値が示されているローソク足は、一般的な為替チャートだといえるでしょう。ヒゲと胴体と言われる部分がひとつのローソクには存在しており、胴体が色分けされて相場がどんな動きをしているかすぐに見てわかるようになっています。

 

期間によっていろいろ種類があるのが、ローソク足チャートの特徴です。日足、週足、月足などの種類が為替レートにはあるようで、1日のレートでローソクを書くもの、週のレートで書くもの、1か月のレートで書くものに分かれています。
不可欠なのは、自分がどんな投資をするかによってうまく利用することです。

 

だいたいの流れは月足チャートで予想し、基本的には日足チャートを見るようにしましょう。
チャートの動きを観察しながらすみやかな判断が求められるデイトレードの場合には、基本的に1分から5分足チャートを利用します。短期間の値動きをほとんど視野に入れなくても良いのは、長期投資の場合です。短期為替チャートがどんな動きをするか気にかける必要があるのは、相場の転換期などです。