FX初心者講座

為替スワップポイント

為替のスワップ取引というものがあります。
外国為替取引の形態の1つで、決済日が自動的に延長されるのが特徴です。

 

スワップポイントというものがあることが、スワップ取引の特性です。
どういったもののことを言うものなのでしょうか。

 

スワップ取引を行った場合、為替間の金利差が発生します。より高金利の貨幣を保有している間は、その金利分の利益も得られるわけです。
ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。より正しくいえば、スワップ取引の反対側の金額とあわさった上で、差分が資産につけ加えられたということになるわけです。

 

個人投資家の多くは、小さな得につられてディスカウントの通貨をロング買いに構えがちです。
本来ならば、金利の本質とは何かということに目を向けるべきです。

 

優良企業は一般的に銀行から安い金利でお金を借りることができますが、反対の企業は高い金利を支払わなければお金を借りるのは不可能です。
為替レートと金利の関係も、それと同じものです。金利が高い通貨は欲しがる人が減って、結果的に通貨の価値が下がります。

 

自分自身の体力があるうちは川の流れと反対方向に泳ぐことも可能ですが、体力がなくなれば流されてしまいます。
高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。

 

売りと買いが同条件になるよう均衡がとれているのが外貨取引ですから、スワップポイントで得をするためには注意が必要です。為替のスワップ取引をする場合には肝に銘じておきましょう。