FX初心者講座

為替スワップポイントの注意点

為替スワップポイントとは取引を行った場合の2つの通貨の金利差のことです。
二つのことを知ることで、スワップポイントのことがよりわかるといいます。

 

スワップポイントは、通貨の金利差によって生じるものであるということがまず重要です。つまり、通貨の金利が変わることによって、スワップポイントも変動します。
日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。

 

スワップ益を得るために高金利通貨の長期保有をもくろんだとしても、もしも金利が変動してしまったら、期待していた利益が入らないということがあります。
もうひとつはレバレッジの問題です。もともとの投資金額に関係なく取引金額に対して計算されるのが為替スワップポイントの特徴です。
5万円預けて1万ドルのドル円の買いポジションを持ち1年間維持した場合、スワップポイントの金利水準が変化しなかったとすると5万円以上になります。

 

スワップポイント的にはプラスになるように見えますが、レバレッジが高ければそれだけ含み損に耐えきれませんので、数円でも相場が下がれば、取引が強制終了されてしまうでしょう。

 

数円しか余地がない中で、1年間同じドルを保有し続けることは、ほぼ無理だといっていいでしょう。
損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。

 

為替取引を行う場合、大抵はスワップポイントより相場の変動で得られる売買損益の方が大きくなりがちです。為替スワップポイントを長期的に得ようとする場合には、かなりレバレッジを低めにして資金的にも余裕を持って取引したほうが良いでしょう。