FX初心者講座

為替チャートのトレンドライン

いったい為替チャートのトレンドラインとはどのようなものなのでしょうか。
FX投資の基礎になるのは、価格が安いときに買い、高いときに売るというものです。
差益をFXで獲得するために重要なのは、簡単なことをどのようにやり続けるかということです。

 

売り買いのベストな機会を知るのは簡単なことではありません。
いつ売買するか決めるのに、為替チャートはとても便利です。為替チャートの値動きの特徴は波のようになっていることです。

 

トレンドというのは方向性のことで、大きなトレンドの間に短期間で何度も上昇したり下降したりしています。すぐ値に動きがあるとその都度動揺してしまうのが、為替チャートを読み出してまだ日が浅い人です。どのトレンドに現在はなっているかさえ分かっていれば、ちょっとした価格の変動に反応することは不要です。

 

売るタイミングや買うタイミングを、波状の動きから判断して決定することもできるようです。
具体的にとトレンドサインというのは、高値や安値で今までについてものをチャートで直線に結んだものです。2つの種類がトレンドラインにはあり、高値を下降トレンドで結んだレジスタンスラインと安値を上昇トレンドで結んだレジスタンスラインがあるそうです。

 

サポートラインというのが為替チャートにはありますが、価格がそこよりは下がりにくいであろうと推測されるラインのことです。
価格がそこから上昇に転じることはないと予測できるラインが為替チャートのレジスタンスラインと呼ばれるものです。