FX初心者講座

為替の予測方法

外国為替証拠金取引を手がけている人が増えてきていますが、その際に大変大事になってくることとして、今後の為替相場の予測があります。

 

適切な予測をすることができなかった場合、利益のでる取引は難しいでしょう。
将来の為替相場の動きを予測するのは困難です。それでも、それなりに予測を立てるにはどうすればいいでしょうか。

 

為替相場において、例えば1ドルが80円となればドル安すぎる。あるいは1ドルが130円となればドル高過ぎると感じる人は多いと思います。
それでは、1ドル130円だと円安すぎると言われるのは何故か、誰にでも納得できるような答えを出せる人はいないのではないでしょうか。

 

為替の適正な水準に関する知識があれば、今の相場が高いのか安いのかを判断することができます。こうした疑問点をきちんとした形で解決しようと考えられてきた考え方が、為替相場決定理論です。
通貨の価値基準となるのは、その通貨に対する需給バランスです。経済のファンダメンタルの観点から、通貨のnoによって通貨の需給を為替相場決定理論というのは、ファンダメンタルとは、経済活動の状況を示す代表的な指標ないし経済活動実態そのものを指します。
経済成長率、インフレ率、金利水準、失業率などです。
取引する通貨を発行している国家の経済力がどれだけあるかということを示します。
ファンダメンタルを総合的に検討して、為替相場を予測していくことが大変大事になってきます。