FX初心者講座

為替オプションとは

あまり耳になじみのないかもしれませんが、為替オプションをご存じでしょうか。
為替オプションは、別名をカレンシーオプションともいいます。
オプション取引ですので、売買するための期間、期日、売買価格を予定し、「通貨を買売する権利」そのものを売り買いする取引となります。

 

為替オプションは、市場においては1980年代前半ごろから取り扱われ始めた商品です。
リスクヘッジや利鞘狙いに利用することができるため、取り扱いは大きくなって市場規模は拡大していて、現在では外国為替のマーケットで重要な位置を占めています。
為替オプションの取引では、通貨現物の受け渡しが行なわれることはありません。通貨を買売する権利を取り引きするものだからです。

 

為替オプションでは取り引きした通貨を現物で受け渡しすることがないため、直物為替や先物為替取引といった外国為替の取引とは異なります。

 

オプションの権利を購入した側は、この通貨を売買する権利を行使するかを自由に決めることができます。逆に、権利の販売者はオプション料を得る代わりに、権利が行使された時点で取り引きを実行する義務を負います。

 

通貨オプションについては、そのオプションが外国為替市場において満期となる日時と市場が決められています。
満期となり締め切られる時間は、オプションのカットオフタイムと言われます。
カットオフタイムをはさんでポジション調整のための売買が行なわれることがあるため、為替レートが大きく動くことがあるので要注意です。