FX講座

為替取引の予約とは

為替の予約という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
予約とは、為替取引を行う際に相場が予想外の動きなどによって損が大きくなった時に備えてしておくリスク分散方法です。今のうちに、為替レートがある数字になったら取引をするという設定をします。

 

取りきめといっても、ピンポイントで数値を定めておくことは不可能です。
為替レートには先物予約レートというレートを使います。為替予約をすることで、どんな利点があるのでしょう。

 

為替予約は将来の取引レートを決定することです。もし為替レートが円高などによって外貨を持つことで不利な方向へ動いたとしても、予約した為替レートで取引をすることができるので損失は無くなります。
例えば、米ドルで10万ドルの支払いがあるという輸出企業が、為替予約を利用するケースがあるとします。支払いまで一カ月待たなければならいなという場合は、一カ月後の為替レートの変動で入金額が左右されます。

 

円安になれば儲けものかもしれませんか、円高になってはあらかじめ予定していた利益が出なくなります。そのため、今の段階で為替予約をしておくわけです。一カ月後に為替レートがどのように動いたとしても、10万円は先物予約レートで支払われます。為替の予約を活用することによって為替変動のリスクが回避できるといえます。