FX初心者講座

外国為替チャートとは

外国為替のチャートというものをご存じでしょうか。
外国為替とは、使用している通貨が別々の二つの国の間で発生している貸し借りの関係を、為替手形や送金小切手などの信用手段で現金を介さずに決済する方法のことです。

 

外国為替の取引の際に参考にするのがチャートです。
外国為替取引は、インターネットが広がったことで一般の人の手にも届くようになりました。このため、取引をする人は増えてきています。

 

外国為替の取引は個人投資家にとっても人気の投資方法の1つとなっています。為替のチャートは取引をする際に無くてはならないものとなっています。

 

通貨制度が違っている二国間での取引を処理するために外国為替という方法が用いられますが、為替の決済は刻々と変化する為替レートに基づいて行なわれます。
自分の持っている決済の内容と為替レートの動きによっては、利益が出ることも損をすることもあるのです。

 

刻々と変化する為替レートの動きを時間の経過で区切って、通貨の値動きをグラフに書き表したものが、外国為替チャートと呼ばれるものです。
さまざまな表現方法のある外国為替チャートですが、「ローソク足」と呼ばれるやり方で表現されたグラフが一般的になっています。

 

為替チャートのローソク足は、相場の値動きが一目でわかるように考えられたもので、ローソクに似た形をしていることからローソク足と呼ばれています。
外国為替のチャートを上手に利用することによって、為替取引を有利に進めることができるようになります。