FX初心者講座

為替の見通しがつかない時

いろいろと為替の見通しの立て方があり、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などがそれにあたります。
どんな人でも簡単に値動きの見通しが分析法を活用すれば立てられるかというと、けっしてそうとは言えません。差益や差損が大きくなりすぎて予測が狂うこともありますし、値動きが分析結果によって得た見通しと真逆になることもあるようです。
特に初心者は、分析の方法はわかっても見通しがつくとは限りません。しっかりと資産運用をすることを念頭に置き、楽に儲けようとはしないことです。

 

スワップ金利を得られる可能性にかけ、長期的に通貨を持ち続けることは、為替の見通しがつかない人でもできることです。
見通しがつかない人が頻繁に通貨の売買を行っても、期待するような効果は出ません。
チャートで過去10年の値動きをチェックし、長期的に相対的に安い水準にある通貨を持ち続けるという方法は少ない差益ながらも利益を得ることはできる方法です。

 

取引のタイミングはたとえ初心者でなくても、為替の見通しが立たないときに逸することもよくあります。