FX初心者講座

外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。
このチャートには単位となる時間が決められています。

 

この一単位について、いちばん最初の値を始値、最後の値を終値と呼んでいます。
中でも一番高い値段を高値、そして最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られるものです。

 

外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。
外国為替チャートの陽線ですが始値から終値が高く、通常は白か赤で表示され上昇傾向にあることを意味しています。

 

外国為替チャートの陰線は、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを意味しています。
ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。
胴体部分から上にヒゲが伸びている場合は上ヒゲ、下に伸びていれば下ヒゲです。ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、状況が変わってくるので大切です。

 

ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。
長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。
胴体部分が小さな線のときは、コマ足といって、気迷いを表しています。
外国為替チャートというのは、通貨の状態を見極める為には、特に大切なものとなっています。