FX初心者講座

外国為替チャートとローソク足の種類

いくつかの種類があるのが、外国為替チャートのローソク足の特徴です。
ローソク足は為替取引をする場合にはかなり大事な情報となるものですが、どんな種類があるのでしょうか。

 

ローソク足というのは、外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が利用するものです。
実際に投資のテクニカル分析をする場合には真っ先に調べるものであるほど、どんな人でも利用するものです。為替取引を有利にする為にも、外国為替チャートのローソク足の見方を覚えておいて決して損はないものです。

 

日足と呼ばれるものは1本のローソクで、1日の値動きを表示しています。
為替の1週間の値動きを表したものがローソク足の週足で、1ヶ月のものが月足、1年分の値動きを表しているのが年足と呼ばれるものです。

 

取引のタイプによっても、どのローソク足を利用したら良いのかが異なるのが、外国為替チャートというものです。
外国為替取引が長期や中期型ならば、日足や週足、または月足が適しています。分刻みの値動きを表したものが他にもあり、1分足や5分足、15分足、30分足といったものがあるそうです。短いスパンのチャートは、デイトレードやスウィングトレードなどの短期トレードをする時に適しています。

 

外国為替チャートのローソク足の種類はいろいろとありますが、まずは基本的な値動きを十分に理解できるようになることが為替取引には必要になります。