FX講座

外貨FXと為替証拠金

最近増えているのが為替FX取引をする人で、別名を外国為替証拠金取引ともいいます。
外貨の証拠金取引とはどういったものなのでしょうか。

 

外国為替、つまりドル、ユーロ、ポンドなどの日本円以外の通貨の売買を行う取引というのが、外貨FXです。
利益を出す仕組みとしては外貨預金や外貨MMFなどと似てはいますが、現物で為替を売買するわけではありません。

 

外貨預金との相違点としては、為替売買を行なったとみなし利益を計算するという点が上げられます外貨FXではあらかじめ取引証拠金を入金しておくことで何倍もの取引を行うことができるレバレッジ効果があります。レバレッジ効果によって少ない資金で多額の取引を実行することができるのです。

 

為替証拠金として入金した額よりも取引額を多額なものにすることができるため、外貨FXの利益も損失もそのぶん大きくなります。外貨預金の取引であれば円売りから取引を開始しますが、外貨FXは円買いの取引から開始することもできます。
あたかも外貨を所持しているかのように、外貨売りの取引を始めることもできます。

 

外貨FXであれば、将来的に円高となることが予測できる場合であっても、為替差益を得られるかもしれないわけです。外貨FXは為替差益がかなり大きくなるので非常に人気のある金融商品ですが、反対に損失も大きいものなので実際に外国為替取引を行う場合には注意が必要になります。